Medical and Surgery

発展する頭部の治療

頭部領域における放射線治療では、ガンマーナイフと呼ばれる治療装置が主流となっています。また、近年サイバーナイフと呼ばれる治療装置が導入されつつあり、複雑な治療を行えるので、注目を集めています。

詳しく見る

出産後の女性は注意

ふくらはぎにコブのような、ぼこぼことしたふくらみがあると、下肢静脈瘤の可能性があります。下肢静脈瘤は女性や高齢者が発症しやすく、特に妊娠、出産後に発症することが多いと言われています。

詳しく見る

放射線で治療

乳がんというのは、女性が最も罹りやすいガンであるといわれています。早期発見には、病院でのマンモグラフィーと超音波検査が有効です。治療方法としては、放射線を使った治療が有効的です。

詳しく見る

若い人も乳がんになる

乳がんになる若い患者が増えてきています。そのため、皮膚の引きつれやへこみなどの異常を感じたらすぐに病院を受診することが大切です。マンモグラフィーを使えばかくにんをすることが出来ます。

詳しく見る

必要な定期検診

定期健診で陽性となればすぐ精密検査へ

大腸がんは、発病初期では自覚症状がほとんど無い為、見つけることは困難である。その為、大腸がんの定期的な健診は非常に大切になってくる。大腸がん検診には便潜血検査がある。便潜血検査とは、血便があった場合にその便中の血液にがん組織があるかどうかを調べる検査である。この検査で陽性と判定されると精密検査が必要となる。 精密検査には、大きく分けて直腸指診、注腸造影検査、内視鏡検査の三種類がある。直腸指診とは、肛門に指を入れ、直腸内に腫瘍がないか確認する検査である。注腸造影検査とは、肛門からバリウムを注入し、直腸内をレントゲン撮影する検査である。内視鏡検査とは、小型カメラが装着された細長い器具を肛門から直腸へ通し、内部をカメラで映し、外部からモニター観察する検査である。

がんの進行具合で適切な治療方法は決まる

大腸がんの治療方法は、大きく分けて内視鏡治療、外科手術、化学療法、放射線療法の四種類がある。内視鏡治療とは、精密検査において、内視鏡検査で使われた器具に施術できる器具を取り付けて、腫瘍を切除する治療方法である。 化学療法とは、抗がん剤を用いる治療方法である。抗がん剤を用いる治療方法には二つあり、一つは、がん細胞を切除した後再発の可能性が高いと考えられた場合に、再発を抑制する為に使われる。もう一つは、がん細胞が切除できない場合に、症状の進行を遅らせる為に使われる。 手術治療とは、腹部を切開し、がん細胞を直接取り除く外科的治療で、基本的に大腸がんはこの手術治療をおこなう。放射線療法とは、外部よりX線などを体にあて、体内のがん細胞を破壊することを目的とした治療方法である。 これらの治療方法は単独でおこなうことは少なく、がんの進行具合、また患者の体力を考え、それぞれ組み合わせておこなわれる。